車を運転していて一番怖かったこと

ある冬の日の話です。その日は、午前中から雨が降り続いていました。そして、夕方少し前ぐらいから急に、乾いたパウダー状の雪に変わったのです。
その日は夜から用事があったため、少し雪が心配でしたが、夕方5時頃になってからチェーンを付けずに車で出掛けたのでした。

アクセルを踏み込み道に出て、少しブレーキをかけて速度調整しようとしたときのことです。減速したにもかかわらず、スピードが落ちないではありませんか。
自宅の前は、交通量が多い団地の大通りで、長さ300メートルほど下へのびる坂道になっています。雪が積もったその道路の下が、アイスバーンになっていたのでした。
車は、ジャンプ台の滑走路を滑り落ちるスキージャンプ選手のようにどんどん加速して行きます。初めは叫び声をあげていましたが、後は開き直って祈るしかありませんでした。
しばらく滑り落ちて前を見ると車が止まっています。そして、その車に追突してようやく停車したのでした。降りてみると車の玉突き事故です。「自分だけではなかったんだ」と思っていた矢先、今度は後ろから車が追突してきました。そして、最後にバスが突っ込んできたのです。まるでアクション映画を見ているようでした。

車は不幸中の幸いで、バンパーが少しへこんだだけで済みましたが、本当に怖い経験でした。それ以来、雪の日は充分注意しています。

ドライブレコーダーを取り付けて万が一の際に対応できるようにしなければと思います。ドライブレコーダーは千葉県の専門店がとても評判がいいようです。

「車を運転していて一番怖かったこと」への1件のフィードバック

  1. これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です